【トゥルースリーパーとエアウィーブ比べてみました】


近ごろ通販番組などでよく耳にする「トゥルースリーパー」。

 

 

 

布団店やホテルなどにも名を知られている「エアウィーブ」。

 

 

 

それぞれ特徴や使用時のメリット・デメリットがあります。

 

 

今回はトゥルースリーパーとエアウィーブを比較し、各製品の使用に向いている人・いない人について調べました。

 

【洗える高反発マットレス・エアウィーブ】

エアウィーブの大きな特徴は「洗える」ということです。

 

 

エアウィーブが独自に開発・製品に使用しているエアファイバー素材は9割が空気というもので、通気性に優れているのはもちろん乾燥もしやすいのが特徴です。

 

 

そのためこれまでの製品では不可能だったマットレス本体の丸洗いが実現できるのです。

 

 

また通気性があるので湿気がこもりにくく、カビやダニが発生しにくいのはエアウィーブのメリットとも言えます。

 

 

 

エアウィーブのマットレスは高反発に分類され、体圧分散性に優れています。

 

 

身体にかかる圧力を分散することは睡眠中の疲労軽減に役立ちますが、体圧分散の方法は主に二通りあります。自分が動くかマットレスの力を借りるかです。

 

 

自分が動く方法としては寝返りを打つことで体圧を分散するものがあります。

 

 

高反発のマットレスは体重をかけると押し出す力が強いため、寝ても身体が沈みにくく動きを阻害しません。

 

 

エアウィーブのような高反発マットレスは寝返りがしやすいという意味でも体圧を分散する働きに優れていると言えるでしょう。

 

 

【エアウィーブの使用に向いている人・いない人】

エアウィーブの売りは優れた通気性とマットレスごと丸洗いできることです。

 

 

そういった意味では汗をよくかく人寝具を清潔に保ちたい人お勧めできるでしょう。

 

 

またエアウィーブ製品に使われているエアファイバー素材は通気性の良さからダニやカビが発生しにくいので、アレルギー体質や汗っかきなどで寝具をこまめに洗濯する必要のある人に安心して進められる寝具でしょう。

 

 

エアウィーブで採用されている高反発マットレスについては、マットレスの弾力性がある・押し戻す力が強いので、身体が寝具に沈まず寝返りが打ちやすいというメリットがあります。

 

 

ですから自然な寝返りを打ちたい人や身体がマットレスに沈まないことを目標としている人には向いているようです。

 

 

具体例をあげると、睡眠中に寝返りを打つなどよく動く人が使用に向いているでしょう。

 

 

また肩こりのある人は、夜間十分に寝返りが打ててないために血行が悪くなっていることも考えられます。そういった場合はエアウィーブのような寝返りを促す高反発マットレスがいいようです。

 

 

反対に腰痛がある人は身体の一部がマットレスに沈んでしまうと寝返りの際に余分な力が入りかえって腰痛を悪化させることがあります。また腰痛のある時は思うように寝返りができないものです。

 

 

そういった人には適度に身体が沈み体圧を分散できる低反発のマットレスを使用するといいでしょう。

 

 

【低反発だけじゃない!トゥルースリーパー】


「低反発マットレス」の代名詞のように言われているトゥルースリーパーですが、実はトゥルースリーパー製品には低反発はもちろん、中反発・高反発の製品もあります。

 

 

通販番組でよく紹介されている「トゥルースリーパープレミアム」が低反発マットレスなので、トゥルースリーパーといえば低反発といったイメージが普及しているのでしょう。

 

 

 

低反発マットレスの特徴は、身体の動きや重みに合わせて柔軟に形状が変わることです。

 

 

文字通り反発力が弱いので体重をかけるとそのまま沈み込む性質があり、しかも元に戻るのに時間がかかります。

 

 

ですから羽毛布団の上では立ちにくいように、低反発マットレスの上では寝返りが打ちにくくなります。

 

 

 

とはいえ寝返りの打ちやすい高反発マットレスは硬いという特徴があるため、腰痛などがある人には辛いことがあります。

 

 

そこで両者のいいところをとった「中反発」製品があるのがトゥルースリーパーの大きなポイントです。

 

 

中反発マットレスは硬すぎず身体が沈みすぎず、また湿気を放出する性質もあることから「赤ちゃんのほっぺ」と形容される感触を維持できるようです。

 

 

 

ちなみにトゥルースリーパープレミアムは「ウルトラヴィスコエラスティック」という素材を使用しています。

 

 

これはNASAがロケット発射時の衝撃を和らげるために開発した低反発素材であり、低反発ながら弾力に優れています。

 

 

また体圧だけでなく体温でも形を変えることができるため、これだけでも従来の「中反発」のような働きをするかもしれません。

 

 

【トゥルースリーパーの使用に向いている人・いない人】

一方、トゥルースリーパーはよく知られている低反発マットレスから、中反発・高反発の製品も出ており選択の幅が広いメリットがあります。

 

 

 

またトゥルースリーパープレミアムのような低反発マットレスは、体重や体温の変化により形状が変わり身体を支える作用があります。その性質から特段に身体動かさなくても体圧を分散することができます。

 

 

ですからトゥルースリーパープレミアムに代表される低反発マットレスは、寝返りの少ない人・痛みがあり身体が思うように動かせない人・高齢や病気などで寝返りを打つ体力がない人に向いています

 

 

 

一方、寝返りの多い人などが低反発マットレスを使うと身体が沈みやすくなるので寝返りも打ちにくくなります。この場合無理に動こうとすると安眠を妨害されたり疲労感につながります。

 

 

その場合には同じトゥルースリーパーでも高反発または低反発のものを選ぶとトラブルが少なくなることもあります。

 

 

関連記事

低反発マットレスと高反発マットレス

トゥルースリーパーって実際どうなの?口コミと体験談

 

【まとめ】


通販番組など取り上げられることの多い「エアウィーブ」と「トゥルースリーパー」。

 

 

通気性に優れ丸洗いできるのでダニや埃といったアレルギーにも安心できるエアウィーブ、低反発・中反発・高反発と多くの種類のマットレスがあり身体に合わせて選択の余地が広がるトゥルースリーパーがあります。

 

 

いずれも一長一短あり一概にどちらがいいとは言えません。

 

 

両社のホームページなどを見ると気になる商品を1か月レンタルして試すことができたり、または無料モニターの募集をしていることがあります。色々な情報を集めて身体に合ったマットレスを選びたいものです。